プロフィール
mokuren
mokuren
珈琲もくれんは自家焙煎・ネルドリップの珈琲店です。
風光明媚な和歌山の表通りから少し入った昭和30年にできた商店街「わかやま じゃんじゃん横丁」で営業しています。
http://master.tank.jp/ mokuren/
珈琲豆・粉の販売も行っています。
1階は豆売りとカウンター席、1階奥と2階がテーブル席のコーヒールームです。
業務用販売・地方発送も行っています。
https://mokuren.official.ec/

9:00〜24:00(23:30 オーダーストップ)
水曜定休日
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2019年05月31日

明確さ






コロンビアの焙煎
違いの明確さ
精神と身体
その時間


  


Posted by mokuren at 20:50

2019年05月31日

ナギの木







熊野速玉大社一禰宜の穂積国興の子どもの穂積基行が鈴木姓を名乗ってから藤白に移り住んだのが始まりのようです。
穂積は神武天皇が熊野に来た時に千束の稲穂を献上したことから
また鈴木は神武天皇を道案内する時にナギの木に鈴をつけて道案内したことからこの姓がついた様です。
穂積姓鈴木氏は熊野から藤白に移り住みそこから全国に広まったそうです
ナギの木は道に迷わない様に
いつも良い風が吹きます様にという意味が込められているそうです


  


Posted by mokuren at 01:42

2019年05月29日

澄んだ空気








リズム6月号に載せていただきました。
ありがとうございます。
本日はもくれんは定休日で、8739販売所が行われていました。
1500万年前の噴火でできた熊野のカルデラは45キロあり日本最大だそうです。
鈴木姓発祥の地は新宮だそうです。太極拳における陳朴と陳王庭の様なものかもしれないなと思います。始祖と中興の祖の様な感じ。
後世に残す書としてはそこが始まりであり、そこは途中経過なのかもなと思います。
よくよく考えるとそこはあまり関係ないなと思いました
後天的なものを先天的というものに納めるのは世界観の線を引いて枠をつくること
今日は澄んだ空気の日でした  


Posted by mokuren at 22:33

2019年05月27日

雨の匂い






ブラジル珈琲の焙煎について
第7回カフェレスジャパンというイベントで
ブラジル珈琲の価値を上げたいという
ブラジル大使館枠での話し
http://caferes.jp/visitor/inquiry.php
マイルスデイビスの後期の演奏を観ながら
あらためて
自分の観ている世界が
この世界なんだろうなぁと
思いました
夕方から雨の匂いがしました  


Posted by mokuren at 22:35

2019年05月26日

ダルマサンガコロンダ







バグースで5/31〜6/2に行われる
ハワイのニックさんの写真展の案内をいただきました
先日、大分竹田の姫だるまの工房に電話して話しをしました。あらためて物を作っているところの時間の流れの良さについて思いました。そこについて良さという事はあるのだと思うのですが そこが持ってる時間に対して良いと思ってる事がある自分の中の心に触れれること、心ってそういうものなのかもなぁと思いました
以前、珈琲美美のブログのタイトルで珈琲のココロという言葉を使っていたのですがココロに触れるってそうありたいと思います
ダルマサンガコロンダ
すきに世の中も
変わっとる
ゆっくり珈琲ば
飲んで
一息いれんしゃい

  


Posted by mokuren at 12:16

2019年05月25日

ブラジル珈琲






ブラジルコーヒーの価値を高める為の関わり
お声がけいただいて嬉しいです
おもしろそうです
珈琲美美との関係でも
ブラジル珈琲はよく出てきます
陶芸家の金子夢土さんから美美を教えてもらった時も「あの店のブラジルはすごく苦味があって美味しい」と言ってたし
森光さんとの話しの中でも「繁田さんのところ、カルモ下坂を紹介してあげようか?」と聞いてもらったりしました
珈琲への恩返し
心よりさせていただきます




  


Posted by mokuren at 20:27

2019年05月25日

小径をあるく






小径を歩いて
地面を見る
地球を見る
青い空の下で散歩して
緑の地面の上で寝転がる
光を通す葉の影
その必要がないこと
どの線からの世界なのか
  


Posted by mokuren at 02:23