プロフィール
mokuren
mokuren
珈琲もくれんは自家焙煎・ネルドリップの珈琲店です。
風光明媚な和歌山の表通りから少し入った昭和30年にできた商店街「わかやま じゃんじゃん横丁」で営業しています。
http://master.tank.jp/ mokuren/
珈琲豆・粉の販売も行っています。
1階は豆売りとカウンター席、1階奥と2階がテーブル席のコーヒールームです。
業務用販売・地方発送も行っています。
https://mokuren.official.ec/

9:00〜24:00(23:30 オーダーストップ)
水曜定休日
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2020年02月19日

外れ方





本日は定休日でした
適度に続けてると
適度に発見もあっておもしろいです
今日は自分の間合い以上のリーチは出ない、でした。でもこれは多分、人と対面した時には違う作用ではたらくだろうと思います
慣れてくると動いてなかったところを動かせるような気がしてくるのと、やっぱりシャドウは大切だなと思います
以前、咖啡もかの標さんが珈琲は趣味的にするのがいいということを何かに書いていて、それだと長くできるし、長くしていくとそのキャリアと年齢としての通過ポイントのところでの気がつくことに出会えるのだろなと思いました
人の作った月日の運行や星の航路に乗ることなく、その空間を縦横無尽に動きまわりたいなと思います  


Posted by mokuren at 18:31

2020年02月19日

マスクになじみました






昨日の夜の焙煎
黒いマスクをつけました
マスクになじみました

  


Posted by mokuren at 18:14

2020年02月19日

いつも心はニュートラル









同じ場所でも
見方や見る点を変えると
見え方が変わる
その人のスタンダードなポジション
その関係性で色々と変わるんだろなと思います
瞳の水晶体の光の捕らえ方だったり、吸収の仕方だったり、反射のさせ方だったり、珈琲を見るときの個別の感覚の違いというのもそういうのだろうなと思います。
珈琲の感覚の話しは、その人のバックボーンの話し、浅煎りのコーヒーの感想として焼いたトーストの匂いという表現、表現は評価ではなく会話としてありたい、椿の絵の人の話しもそうでした、自由は評価の対象からどう外れるかということだなと思います
The mind is always neutral



  


Posted by mokuren at 18:05