プロフィール
mokuren
mokuren
珈琲もくれんは自家焙煎・ネルドリップの珈琲店です。
風光明媚な和歌山の表通りから少し入った昭和30年にできた商店街「わかやま じゃんじゃん横丁」で営業しています。
http://master.tank.jp/ mokuren/
珈琲豆・粉の販売も行っています。
1階は豆売りとカウンター席、1階奥と2階がテーブル席のコーヒールームです。
業務用販売・地方発送も行っています。
お買い上げ金額4500円以上全国送料無料です。4500円未満の場合の送料は一律500円です、北海道、沖縄県は900円です
よろしくお願いします。
https://mokuren.official.ec

12:00〜20:00(19:30 オーダーストップ)
水曜定休日
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人

2021年01月31日

立春の頃





太陽暦2月1日
季節のブレンドが立春ブレンドになります
しっかりとした味とすっきりとしたコクの珈琲豆をブレンドしているのですが、雪解けの水を温めて、それで何かを作る様なイメージです
表現で言うと、口当たりがやわらかくて苦味があるかなぁと思ってると余韻を残しながら味は少なくなってくる感じ、かなぁと思います
ブレンドって、その味が自分の記憶に触れるものと触れてこないものがある様に思います
記憶に触れると美味しくて、記憶に触れてこないと新しい味なんだろうなと思います
ルネサンスプログラムだし、環境保全や自然保護ってそれ自体がアミューズメントだろうなと思います



  

Posted by mokuren at 23:35

2021年01月31日

こえたらそれが満点





社会的影響の関係性としては
声なき声というのが違う社会としての構築につながるのだろう
これまでとこれからと言う関連性においては
好きに色々としゃべってるのがいいものだなと思います
スポーツ新聞の一面での選手の扱い方と応援の仕方の関係、各テレビ局の放送内容と観る人の関係ってどういう気持ちの状態でいたいかによるのだろうなと思います
100点満点だと1000点いくこともありますものね、100点と満点って同義語でもないなと思います


  

Posted by mokuren at 18:14

2021年01月31日

風に合わせて






今日の買い出し
カブプロだと荷物もたくさん載せれます
Aプライスの店内でお客さんと珈琲の淹れ方についての話しをしました、淹れる目線の動画はやっぱりいいかもなぁと思いました、首から下げるホルダー買ってみようと思います
いまの自分が欲しいものは
過去の自分が欲しかったものと同じ
いまの自分がなんとも思わないものは
過去の自分が欲しかったもの
ギフトの値段は改めて計算した時の全部の総額を反映するかどうかと、どの気持ちでその事に取り組んでるかだなと思います、動かない縛りというのを相互間でかけあう
長い目でみたタイムセール、時間の売買だなと思います
カブ、気持ちいい、バッグもいい感じです

  

Posted by mokuren at 17:33

2021年01月31日

月のこと





国会中継て脚本とか演出って誰かがしてるのかなぁ
原因になってる緊急事態宣言の解除申請の署名って集めてる人もいるのかなぁ
オードリータンのインタビューおもしろかったです
https://bunshun.jp/articles/-/43165
昨日の月もきれいでした
昨日、疑問に思ったこと


  

Posted by mokuren at 13:09

2021年01月30日

なんとなく






なんとなくハリオのコーヒーメーカーに
ヤグラとネルをセットしたら、そのままネルドリップのコーヒーメーカーとして使えないのかなぁというのを考え中
ネル布でろ過するとそれだけでも味、変わります。紅茶方式でポットで珈琲粉を蒸らして、ネル布、ペーパー、金属茶漉し、でのそれぞれでも味は変わります。
その味になるのは自分の変化だけでなく、環境の変化でもあります。環境の変化も容認する事って仏教や神道、精霊的な感覚なのかもしれないなと思います
四季の変化と巡ってくる季節の在り方、それを受け取る自分、それを取り巻く環境、全部同じな事はない、基準にして決められるのは自分の気持ちだけだなと思います  

Posted by mokuren at 20:30

2021年01月30日

可視化



2019年と2020年の世界の死者の数って極端に増えてるのだろうか?
2018年や2019年にはコロナウィルスってなかったのだろうか?
特定の動物だけでなくて動物にも感染していくらしいけど、他のウィルスとの感染関係ってないのかな
熊の話しに似てるなと思いました、可視化できると新しい
基礎疾患は問題にならないのかな

  

Posted by mokuren at 17:26

2021年01月30日

BASE Mag



違う観点からの共通の問いについての見解を書きました。次は違う感じで書いてみようと思います
立春の頃、バレンタインの季節だなぁ
https://thebase.in/mag/mokuren-official-ec/2021/01/20/183912

  

Posted by mokuren at 09:58

2021年01月30日

雪と手





北緯34度の旅もおもしろいかもなと思います
和歌山は北緯34度
空海が密教を授かった西安の青龍寺も北緯34度だったみたいです
大分と気候が似ていて住みやすいなと思ってましたが大分は北緯33度でした
今日はホワイトホールの話しを聞きました、ブラックホールは全てを飲み込む物質でホワイトホールは全てを放出する物質
確認できることと理論でのこと
どちらだけでもなくどちらともで成り立つこと
目に見えることと想像できること
ないはない可能性が高い
ない可能性が高いはある可能性が低い
ある可能性としての低さ
ある可能性がないわけではない
ある可能性もある
ある可能性がある


  

Posted by mokuren at 00:07

2021年01月29日

気持ちの入れ物、容れ物





お昼の光り
珈琲豆の準備
iPhoneを首からかけるのあったら
散歩の時も珈琲を淹れる時にも
使えるなと考え中
自分で珈琲を淹れる時は、ある意味で比べるとお湯の温度は高めなんだと思います
そう考えるとスペシャルティコーヒーの考え方と日本に入ってきた頃の珈琲の考えがだんだんとリンクしていってる感じします
昔も氷をドリッパーの上に乗せてその上からドリップするという方法もあったそうです
どの様な珈琲にどの様に触れるかということ
ちなみに高めって数字で言うと90度以上です、言葉って言い方、伝え方、伝わり方、聞き方、受け取り方で内容が変わってくるからおもしろい
数字って、言葉ってそういうイレモノだなって思います


  

Posted by mokuren at 12:19

2021年01月29日

触れるということ





APDのことをテレビでしてました
鹿革のフィンガーコット、古来、鹿革は甲冑などにも使われてたそうです
いまのお金も現金という仮想通貨になっていってる世界の人もいるのだろうなと思います、流通経済の不思議
触れるという行為

  

Posted by mokuren at 00:03