プロフィール
mokuren
mokuren
珈琲もくれんは自家焙煎・ネルドリップの珈琲店です。
風光明媚な和歌山の表通りから少し入った昭和30年にできた商店街「わかやま じゃんじゃん横丁」で営業しています。
http://master.tank.jp/ mokuren/
珈琲豆・粉の販売も行っています。
1階は豆売りとカウンター席、1階奥と2階がテーブル席のコーヒールームです。
業務用販売・地方発送も行っています。
お買い上げ金額4500円以上全国送料無料です。4500円未満の場合の送料は一律500円です、北海道、沖縄県は900円です
よろしくお願いします。
https://mokuren.official.ec

12:00〜20:00(19:30 オーダーストップ)
水曜定休日
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 21人

2021年07月31日

もったいない





空気の流れ
雲が動く
含まれている内容量の濃さで
色合いが変わる
空は青を重ねて
珈琲は赤を重ねて
インドでのコロナウィルスには日本の北里大学の作った薬が大変効いたというテレビ放送を以前見て、日本政府も始めは有効性を認めてたんですけど使わないという話し、謎
薬の収益性の話しとかも上がっていて色々あるんだなと思いました。諸外国でも臨床試験をしているそうです
ひとつの物事はいくつもの分岐点を経て、色々な方向に進む、その進み方はいくつもの成り行きでもあり、大きなひとつの流れでもあるのかもしれないなと思う
もったいなくいきたいものだ

  

Posted by mokuren at 23:48

2021年07月31日

空間と座席





夏の午前中
7月最終日の2階
灯りをつける前の店内
空間と座席
行政のコロナの区分は
第二類感染症から新型インフルエンザ等に移行している
以前に和歌山県に、国立感染症研究所と厚生労働省のコロナについての区分の違いって何ですか?と問い合わせたところからの定点観測
まだ予断はできない事ですが、内容が変化移行したという事は、それだけデータや情報が以前よりも集まってきているのだろうなと思う
ドライフラワー
ふふふ



  

Posted by mokuren at 12:45

2021年07月30日

あなかしこ






モコモコミュージアムの展示
2本目の瓶にシールを貼りました
右はモンジュラスくん
真ん中はほとけちゃん
あと、もう一つ来ます
よろしくお願いします  

Posted by mokuren at 19:10

2021年07月30日

電子の喪失





焙煎でしっかり焼くと
しっとりと油が出る
珈琲には焙煎してからいくつもの飲み頃がある
規定の淹れ方にそって淹れようとすると
焙煎してからの酸化がうながす電子の喪失による熟成度合いは限られてくるかもしれない
熟成に合わせて淹れ方を楽しむと珈琲の持ってる色々な味をより楽しめるのではないかとも思います
粉の挽き方と量でも味が変わっておもしろい


  

Posted by mokuren at 19:03

2021年07月30日

水の流れる音





珈琲のテイクアウトの時に
袋の中で動かない様にできるカップホルダー
ジュースやサンドイッチ、珈琲豆のテイクアウトもできます
珈琲豆は、粉にする事も可能です
よろしくお願いします
いつもの上部フィルターではなく、薬浴の方には外掛けフィルターを使っていて、水の流れる音がして気持ちいい
噴水欲しいな
噴水のある公園が欲しいな

  

Posted by mokuren at 01:22

2021年07月30日

手に触れる





ネルドリッパーのキーホルダーが
新しく納品されました
ネコのシール可愛い
手に触れる
ネルドリッパーに親しんでもらえると嬉しいです、珈琲を淹れる為の道具でもあり、持っていても可愛いし、ネルドリッパーって美味しいものと、それを作る為に必要だった物とを漉して分けてくれるのも、何かの験担ぎになるかなぁとかも思ったりします
飲む人にとって必要な美味しい物だけを漉してくれるもの、そんな感じだと嬉しいなと思います

  

Posted by mokuren at 01:04

2021年07月30日

どこからどこまで





青い炎
引き続き焙煎機の掃除
その後の月は黄色い
黄色い焙煎
違う焙煎度合いの珈琲も入れてみたら
立体と立体の組み合わせだなと思う
どこに合わさってるかで見え方は変わる
自分の見方で見るとそれは会話だなと思う
珈琲との会話
最近、動物の動画を見ていて思う
野生動物には病気や怪我という概念てあんまりない、もしくはないかもなと思う
どこまで生きて
どこから死ぬか
そんな感じ


  

Posted by mokuren at 00:40

2021年07月30日

空の中で





今日の夕方の空
カブで買い出し
カゴがあるので色々載って便利です
空の色が古い感じの色になっていて、自然な色はとてもきれいだなと思います
全部、自然な色なので、全部きれいなのかもしれないなとも思います
何度も生まれて
何度も死ぬ
その繰り返し
白浜水果店の事が
ウェブニュースに出ていました
ふふふ  

Posted by mokuren at 00:18

2021年07月29日

薬浴





金魚の薬浴
元気になった
よかった  

Posted by mokuren at 00:06

2021年07月28日

浜辺の波





浜辺のゴミ拾い
色や形、色々落ちてておもしろい
重さと量の関係
その人にとって
その場所と違う働きをする物の
共通概念としての物
輪廻の中での
中途な専門性と
突き抜けた専門性
立ち位置の事をとらえない会話

名も知らぬ遠き島より
流れ寄る椰子の実一つ
島崎東藤村の詩です




  

Posted by mokuren at 18:03